CAPP製造工程設計

産業の問題点

CIMFORCEソリューション
製造工程情報デジタル化
  • 前もってデジタル化された製造工程の見本を作成(プロセス、材料準備/加工/検査測定…など)
  • 部品の性質(類型/材質/…)によって迅速に標準製造プロセスに選定
  • 電子プロセスカードは製造情報を搭載して正確にメーカの各作業セクションまでに伝える
  • 製造基準を統一して、明確に加工位置を定義して、各加工セクションのつながりを確保
  • ワークの製造工程を発行して、関連作業の流れ/情報の流れが自動的にメーカまでにトリガー
製造工程設計の3D化
  • 自動的に幾何特徴を解析して、色で作業セクションを区分して、3Dで迅速に色付け
  • 現場で軽量化の3D図面ファイルを閲覧
  • 各作業セクションの分業がはっきりして、加工の責任も明確に
  • 各作業セクションの分業がはっきりして、加工の責任も明確に プロセスに基づいて3D PMI/穴リストと図面を表示し、寸法チェックがより便利
  • 各作業セクションの分業がはっきりして、加工の責任も明確に 3D CAPPによってクラウドコンピューティングを実現して、自動的にCMM測定プログラムとWEDM加工プログラムを作成
  • 各作業セクションの分業がはっきりして、加工の責任も明確に 未来大量な生産データの収集と分析を通じて3D CAPPは比較的に正確な稼働時間を予想可能
フレキシブルで多様な製造工程設計

システムは弾性で多様な部品の加工製造工程設計の形式をサポートする:

  • 単一部品の加工製造工程設計
  • 多数部品の併せ加工製造工程の設計
  • 多数部品の組立加工製造工程の設計
  • 多数部品のジグ組立加工製造工程の設計
  • 製造工程版数の管理を通じて製造工程の凍結/解凍を行って、簡単に部品製造工程の変更を実現して、さらに効果的にCAM設計変更と実体部品の変更を管理する
  • 完璧な『設計/全部の製造工程』の異常管理機能